おまとめローンよりも債務整理?本当に賢い選択は?

おまとめローンを検討するような状況になると、実は、債務整理を検討すべき時期なのであるとよく言われますが、どちらを選択するほうがより賢い選択となるのでしょうか。
おまとめローンを検討すると言っても色々なケースがあります。例えば、消費者金融2社から合計で50万円を借りているケースなどは、審査に通ることもそれほど難しくはないでしょう。この場合には、債務整理するにしても弁護士さんへの手数料のほうが金利負担よりも大きくなる可能性もあります。ただし、5社以上のカードローンを利用している場合には、完全に多重債務者ということで審査通過は極めて難しくなります。おまとめローンの審査に落ちるということは、すでに、金融機関からは信用のない人とみなされていることになりますので、債務整理の検討をするほうが現実的となります。
ただし、債務整理にも、自己破産、個人再生、任意整理などがありますので、置かれている状況によって選択する債務整理も異なることになります。究極の債務整理といわれている自己破産の場合には、借金のすべてがゼロになりますが、20万円以上の資産は原則としてすべて売却することになります。また、自己破産を申請するためには、支払い不能状態である必要がありますので、失業な倒産で収入が途切れたりする場合に申請できるものです。
このように、おまとめローンが良いのか、債務整理が良いのかは、ケースバイケースということになりますので、専門家に正直に相談してみるのが一番です。借金問題に精通している弁護士さんなどの無料相談を受けてみると的確なアドバイスがもらえるでしょう。